1. TOP
  2. 診療内容等
  3. 検査・人間ドック

検査・人間ドック

各コースのご案内

一般健診(企業検診)

診察、身体計測、聴力検査、循環器、呼吸器、眼科、糖代謝、肝機能、脂質代謝、血液検査、尿検査、心電図、レントゲンなどの検査を行います。健康診断は1年に1回以上行う事が義務付けられていますので職場やお住まいの自治体で定期的に行われています。

トータルメディカルチェック

- 人間ドッグ -

【男性】

  1. 1. 問診(既住歴・現歴・服薬歴)
  2. 2. 尿検査(蛋白・糖)
  3. 3. 血液検査
    (一般・B、C型肝炎・腫瘍マーカーCEA、PSA)
  1. 4. 胸部X線直接撮影
  2. 5. CAVI
  3. 6. 頭部造影or胃カメラor大腸カメラ

【女性】

  1. 1. 問診(既住歴・現歴・服薬歴)
  2. 2. 尿検査(蛋白・糖)
  3. 3. 血液検査
    (一般・B、C型肝炎・腫瘍マーカーCEA、CA15-3)
  1. 4. 胸部X線直接撮影
  2. 5. CAVI
  3. 6. 頭部造影or胃カメラor大腸カメラ

- メディカルチェック -

【脳コース】

  1. 1. 頭部造影検査

【胃コース】

  1. 1. 胃カメラ検査

【大腸コース】

  1. 1. 大腸カメラ検査

【腫瘍マーカーコース】

  1. 1. 血液検査 男性
    (一般・B、C型肝炎・腫瘍マーカーCEA、PSA)
  2. 2. 血液検査 女性
    (一般・B、C型肝炎・腫瘍マーカーCEA、CA15-3)
  • 部位別がん検査

    胃がん、大腸がん、肺がん、子宮頸がん、卵巣がん、乳がん、前立腺がん、肝臓がん、腎臓がんなど部位別にがん検査することができます。

  • ピロリ菌検査

    胃がんや胃潰瘍の発症に関係が深いピロリ菌の有無を調べることできます。
    胃や十二指腸潰瘍の経験のある方や、再発をくりかえす方や、胃炎の方、胃がん家系でご心配な方や、なんとなく胃の具合がいつも悪い方はご相談ください。

3D-CTA脳血管(三次元脳血管造影)検査

ヘリカルCTやマルチスライスCTなどのCT技術を使って、脳血管を立体的に描出する検査方法です。
脳梗塞の原因となる大動脈や頚部の動脈の動脈硬化を詳しく調べることができます。

高速撮影・連続撮影で検査時間の短縮や
3Dも可能なヘリカルCT

CTとはコンピュータ断層撮影(Computed Tomography 略称:CT)のことで、患者様の体の周り360度からX線をあて、コンピュータ処理により体の断面像を見ることができる検査です。当院設備の「ヘリカルCT」は、ベッドを一定速度で移動させながら被験者の体をX線センサーがらせん状に連続回転し、観察したい範囲を一気に撮影することができます。撮影時間が短縮されることで、検査に要する時間が短く、呼吸などの影響を受けにくいという特長があります。

Q.体への影響はありますか?

A:放射線(X線)を使った検査になりますので「被ばく」による影響を心配される方も多いと思います。実際にCTで使用する放射線(X線)の量は、身体に影響が出ると言われている量よりもはるかに少ない使用量となります。また、必要な場所にだけ、必要最小限のX線量をあてることで、正しい診断ができるように検査を行っていますので、安心して受けて頂いて問題ありません。ただし、妊婦の方や小児は放射線の影響を受けやすいので、必ずご相談ください。

Q.何が検査できるの?

A:脳梗塞、脳出血、脳腫瘍、肺癌、肺炎、結核、肺気腫、気胸、肝臓病、胆嚢胆管疾患、膵臓疾患、腎臓疾患、副腎腫瘍、腹部大動脈瘤、前立腺、子宮筋腫、子宮ガン、卵巣腫瘍など

MRI脳ドック検査

MRI装置を使って、脳断面や脳血管を描出する検査方法です。
動脈瘤、脳腫瘍、脳梗塞などの脳血管疾患を早期に発見するための検査です。脳血管疾患は心疾患、悪性新生物と共に日本での3大死因の1つとされており、日頃から脳ドックなど検査を行って、早期発見・治療を行う事が重要です。

短時間、高分解能が可能な1.5T
MRI装置

MRIとは磁気共鳴画像診断装置(Magnetic resonance imaging 略称:MRI)のことで、磁場と電波を使って体の断面像を見ることができる検査です。当院設備の「MRI装置」は、1.5T(テスラ)という強度の高い磁場を使用しており、短時間で、細かい画像を得ることができるという特長があります。

Q.体への影響はありますか?

A:MRIは磁場と電波を使用しており、放射線(X線)被ばくのなく装置です。ただし、体内にペースメーカーなど金属物がある場合検査の受けられない方がいらっしゃいますので、事前にご相談ください。

Q.何が検査できるの?

A:脳梗塞、脳出血、脳腫瘍、動脈瘤、肝臓病、胆嚢胆管疾患、腎臓疾患、腹部大動脈瘤、前立腺、子宮筋腫、子宮ガン、卵巣腫瘍など

心電図検査(ホルター心電計)

体に装着できる小型のホルター心電計を携行することで、普段と同じような生活をしながら24時間の心電図を記録し、不整脈や虚血性変化等の異常を検出します。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査、治療

がまごおり中央クリニックでは、睡眠時無呼吸症候群の検査及び、治療を行っています。
大きないびき、日中傾眠、熟睡感がない、起床時の頭痛、夜間のトイレの回数が増えるなどの症状にお悩みの方はご相談下さい。

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome /サス)

睡眠時中に何回も呼吸が止まり、ぐっすり眠ることができない病気です。睡眠中の大きないびきや起床時の頭痛、日中の強い眠気などの症状があり、日中の眠気などのために仕事の支障をきたしたり、居眠りによる事故の発生率を高めたりするなど、生活に重大な悪影響を引き起こします。

CPAP治療(Continuous Positive Airway Pressure/シーパップ)

鼻に装着したマスクに空気を送り込むことによって、一定の圧力を軌道にかける治療方法です。睡眠時無呼吸症候群の多くは、睡眠中に軌道が塞がって空気の通り道がなくなってしまうことが原因です。ここに圧力をかけることで、スペースを確保して空気の通り道を作ります。

ページのトップへ戻る